メイン・コンテンツへジャンプ
Lions Clubs International Convention Lions Clubs International Convention
フッターへジャンプ

LCICon過去/今後のホスト・シティ

LCICon過去/今後のホスト・シティ

ライオンズクラブ国際協会は、1917年までさかのぼる、99回に及ぶ大会を開催しています。世界中の様々な都市が、ライオンズ国際大会のホストを務めてきました。中には複数回開催された都市もあります。すべての大会ホスト・シティの一覧を参照してください。

国際大会開催予定

今後の国際大会の計画は、着々と進んでいます。リンクをクリックして、今後の各国際大会開催地の詳細情報をご覧ください。

  • 2018年6月29日7月3日:米国ネバダ州ラスベガス、MGMグランド・リゾート。ライオンズクラブ国際大会、理事会会議、地区ガバナーエレクト・セミナーをすべてMGMグランド・リゾート一か所で開催します。宿泊ホテルはすべて、公式行事の開催場所のすぐ近くです。世界中から集まったライオンズの仲間と共に、大会行事に参加し、世界トップレベルの晩餐を堪能し、スターを集めたエンターテイメントをお楽しみください。
  • 2019年7月5日~7月9日イタリア・ミラノ。この先進的な雰囲気に包まれた近代的な国際都市ミラノはイタリアで2番目に大きな街です。ミラノは、イタリアの大企業組織の本拠地であるとともに、欧州の重要な金融の中心地でもあります。また、ファッション、デザイン、創造性の中心地でもあります。ミラノ市は、その誕生がローマ時代に遡る古い歴史の街です。また、イタリア・ルネサンス時代には諸活動の中心地でもありました。そのため、ミラノは、レオナルド・ダビンチの「最後の晩餐」、ドゥオーモ - サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂、スカラ座オペラハウス、スフォルツェスコ城など、イタリア文化から生まれた数々の珠宝を誇りにしています。第102回ライオンズクラブ国際大会に是非とも参加して、ミラノならではのおいしい食べ物、重厚な歴史、最先端のファッションをお楽しみください。
  • 2020年6月26日~30日シンガポール。この都市国家、島国家と呼ばれるシンガポールは、世界の必見都市の1つで、アジア文化と欧州文化が融合し、1世紀にわたる歴史を誇る市場と現代建築がうまく融合した優雅な植民地時代の建物が点在しています。シンガポールは、いわば多文化が融合した万華鏡です。この多文化の融合で、次の四つの公式言語が使われています。英語、中国語、マレー語、タミル語。シンガポールは世界最小20か国の1つです。また、人口密度は、1平方キロメートル当たり6,400人と、世界2位です。この素晴らしい都市国家には、国の象徴である空想上の動物マーライオン、素晴らしい自然公園、世界初の夜間動物園/サファリなどがあります。この第103回年次国際大会は必見です。
  • 2021年6月25日~29日カナダケベック州モントリオール。「カナダの文化首都」として知られるケベック州最大の都市、モントリオールは、北米の他の都市とはまったく違います!パリに続き、世界で2番目に大きなフランス語圏の都市、モントリオールは、食通にとっては楽園です。2,000軒以上のショップが立ち並ぶ地下道網は18マイルに及び、有名なサン・カトリーヌ通りに沿った9マイルのショップは、1世紀以上に渡ってモントリオールの誇りとなっています。モントリオールを観光するなら、ノートルダム大聖堂、モントリオール美術館、オリンピック・スタジアムなど、見所には事欠きません。自然の中で過ごすなら、マウント・ロイヤル・パークです。343エーカーの緑の空間で、この国際都市の最高の景色を眺望できます。モントリオールには見所が多いので、滞在日数を増やすことをお勧めします。
  • 2022年7月1日~5日:インド・ニューデリー
  • 2023年7月7日~11日:米国マサチューセッツ州ボストン
  • 2024年6月21日~25日:オーストラリア・メルボルン

2025年の大会開催都市の入札は、2017年8月に開始する予定です。入札の要件については、convention@lionsclubs.orgまでお問い合わせください。

section

トップへジャンプ